備忘録ブログ

リサイクルショップで見かけた中古品、ジャンク品の「備忘録」です。相場や機能を確認し、無駄遣いを無くすための自分専用の「覚え書き」として、ネットで調べた情報も付加します。主にパソコン、オーディオ関連です。そのほか日用品、食品の底値(近所のスーパー分)も書き留めます。

新商品「亀田の柿の種 12袋詰」が298円で登場!

亀田の柿の種」…6袋詰、12袋詰、どっちを買えばお得か?…という話です。


12袋詰は298円(イオン)

3月23日~25日までの三日間、イオンの特売で2月発売の新商品「亀田の柿の種 12袋詰」が298円に! 

※3月23日付、イオンの新聞折込チラシより。
※広告期間は3月23日~25日。


6袋詰は168円(ドラッグストア セキ)

多くのスーパーでは、「亀田の柿の種 6袋詰」が特売で168円198円になる。よってイオンの「12袋詰」のほうがお買い得!…と思ったけど、「6袋詰」と「12袋詰」とでは内容量が次のように異なる。

  • 「亀田の柿の種 6袋詰」(200g)
  • 「亀田の柿の種 12袋詰」(336g)

このため1袋あたりの容量が変わり、単純比較が難しくなる。ちょっと強引だけど、1gあたりの単価で見れば、「6袋詰」168円の特売品を購入したほうがお得。仮に「6袋詰」が178円の特売品だと、「12袋詰」298円のほうが少しだけお得になる。あくまでも1gあたりの単価で比べた場合です。

※3月24日付、ドラッグストア セキの新聞折込チラシより。
※3月25日限りの特売品で、先着200名限り。


<参考>
3月24日現在、「亀田の柿の種 12袋詰」の商品情報が公式サイトに載っていない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。